ウィキッド観劇 4/18(土)ソワレ

これより先は興味のない方には全くわけのわからない記事かもです。
また、観劇はこれからという方にとってネタバレの可能性もあります。
しかもリポートというより、小学生並みの感想文です。

【キャスト】
グリンダ 沼尾みゆき
エルファバ 濱田めぐみ
ネッサローズ 山本貴永
マダム・モリブル 八重沢真美
フィエロ 李 涛
ボック 金田暢彦
ディラモンド教授 前田貞一郎
オズの魔法使い 飯野おさみ
<アンサンブル>
内海雅智 坂本剛 品川芳晃 田井啓 須永友裕
成田蔵人 町田兼一 清原卓海 熊剣
今井美範 柴田桃子 孫田智恵 遠藤珠生 長島祥
間尾茜 花田菜美子 五所真理子 西浦歌織

我々にとって、チケット押さえたにもかかわらず、
すぐにキャスト変更になって見逃してしまった以来の大変待ちに待った濱田さん。
李涛さんに関しては、ソング&ダンスで見たのが最初で、そこで「彼がフィエロね」と脳内変換するくらいしか出来なくて、実際のリアルフィエロでは今回が初めてです。
主要キャスト3人がオリジナルキャストで観劇できるのも初めてです。
はじまる前から

見慣れたオープニングですがいつもとは違って見えました。
沼尾さんが

発揮していたのでしょうか?
エルファバの悲しく優しく強い決断を私は知っているの!!な感じがめいっぱい込められた歌声に

となります。

いよいよエルファバの登場シーン。
ボックが出てきた瞬間、

とワクワクしすぎて

登場した途端

一番最初に濱田さんで見た時、ここで拍手が起こった事に我々はとまどいました。

濱田さんのすごさは承知の上でしたし、むしろ濱田さんがキャスティングされている時を狙ってチケットをおさえたクチですが、これにはびっくりしたのです。
でも、今ならわかります。
「拍手しよう」と思ってしたわけでは決してなく、

という想いで自然発生で拍手してました。
気持ち的には

って言いたくなる感じです。

力いっぱい拍手する私達のまわりの方達もまた、同じなようです。
モリブル先生がエルファバをほめ、
見つけたわ~と歌い出したら

濱田さんのソロパート。

本当、素晴らしいその力です。

専門家が調べたらあるんじゃないでしょうか?

ってな声。

ディラモンド先生とのシーンで、自然な演技を見せる濱田さん。
少し思ったのは、濱田さんのアドリブ混ざりの演技と、カチッとしたディラモンド先生の演技のバランスが違う意味でドキドキしました。

いよいよ男前くん、フィエロの登場。
李涛さんフィエロは初めてでしたから、ここもかなり楽しみでした。
日本の方ではないので日本語のセリフの発音が若干気になるかと思いましたが、

て思った一発目だったので”外国暮らしが長かった人”という見方ができて、気になりませんでした。
それよりもです!
ダンスかっこいいですね!
オリジナルキャストのダンスを知らずに北澤さんを見ていたので、「たぶん本当はもう少し滑らかダンス?」という事を薄々感じてたくらいでしたが、あんなにかっこいいとは。
銅像に上ったり回ったりするのがあんなに力強いとは!
フィエロにうっとりしているグリンダも、惚れちゃった感が出てる気がしました。
苫田グリンダだとここ、すごい見ごたえありそうって思いました。
単純にこの前見た苫田さんのフィエロの腕の中にもぐりこもうとするダンスシーンが笑えて楽しかったので苫田さん&李涛さんで見てみたいと思ったのです。

あと、グリンダがボックを言いくるめてるのを静観しているフィエロ。
あんな男前な感じで控えちゃって…
本当に彼は

てな二枚目っぷりでした。

あと、さりげなく腰に手をまわしたり、体を触るしぐさが
スケコマシ って感じでよかったです。

そして一番のお楽しみポイント、大空高くとぶあそこです。
「私よおおおおおおおおおおおおおおおおおお」
気絶しそう。
いや、気絶したら見れないからしないけど。
やっぱり濱田さんのこれは大好きです。
語尾がのび、次の音へと更に滑らかにのびてくのが凄く気持ちいいです。
そして、

これが終わるとラストまで駆け足なので、可能であるなら

それが出来ない生だから良いんだけれども。

の所、民衆に愛想笑いしてみたりと、李涛さんの演技が細かくて
ここではフィエロばっかりみてました。

濱田さんが出てる時は濱田さんばっかりみてて、全く余裕のないアタシ。
個人的にはオズの陛下は飯野さんが好きなので、今回のキャストは嬉しかったのです。元ジャニーズの方だということを知ったのはつい最近の事です。どうりで男前だと思いました。完全な偏見ですがアイドル出身でも歌がお上手な事には驚いた事は内緒です。
ゾーザ役の飯野さんもかっこよくてステキ(スズオは父の言う事聞いたらんかいのダンスが好き)でしたが、ワンダホ!て言ってる飯野さんもステキです。
実際、話しかけてワンダホ!で答えられたらむかつくだろうけど。

オズ陛下が歌って踊ってる時の濱田さんの表情を凝視してました。
途中から「…まったく…この人は…しょうがないオッチャンねぇ…」
と笑っちゃうのを見て嬉しくなる私。 これが恋。
「ほんとにワンダホぅ」 って濱田さんが一声歌うだけで急に厚みが増すから不思議です。

次に楽しみだったのは、
燃えるようなまなざし… のあそこです。
李フィエロがやたらにセクシーだと予習してましたが、実際そうでした。
フィエロのエロは、エロいのエロ。 な感じでこれまた口あいてました。
なんでしょう?
李涛さんのフィエロがセクシー男子に徹してるからでしょうか?
見てて恥ずかしいとは全く思いませんでした。
ぽっかーーーーーーん と見とれてました。
「おっ 乳触った!」ってとこだけ正気に。
あかんのです。
最後のエルファバのあのセリフ。
CD聞いてるだけでも本当にかわいそうに思えて、普通に泣けてきます。
濱田さんのあそこはすごい感情がこもってました。
その後に続くセリフで辛抱たまらずオウオウ泣きました。

悪い魔女になってくあの歌。
すごいカッコイイので楽しみでした。
CD聞きながら、はりきって歌ってみても


と猿化するだけですが、
さすがホンモノはかっこいい。

ラストシーン
ここに来ると
「ああ…もう…終わる…」と激しく寂しくなります。
「だーれーにーもー」とアンサンブルの皆さんの歌声が流れてくるところで目から水分。
もちろんカーテンコールはめいっぱい感激したので、スタンディングオベーションです。
最後はほとんどの方がスタンディングオベーションでした。
拍手だけではなく、ヒューヒューもすごかったです。
牧瀬さんのヒューヒューよりもすごかったです。あついあついでした。
濱田さんも会場の沸きっぷりに「すごーい」って言ってました。
私からすればあなたの方がすごいけれども。
ワーとなって、大拍手でしたがそれに応えるべく、
濱田さんがバイバイしながら舞台をさろうとすると

なんかみんないい子です。
でもしかし濱田さんのエルファバは、観劇後の余韻がすごい。
運動会の後みたいな疲労が強くて二人してヘトヘトでした。
今週もスズオが押さえたチケットを持っているのでまた濱田さんで見れるといいなぁ。
ついでにゴールデンウィークも。
出来れば2周年周辺も。
(願掛け)

error: Content is protected !!