ウィキッド観劇 4/23(木)

【キャスト】
グリンダ 沼尾みゆき
エルファバ 濱田めぐみ
ネッサローズ 鳥原如未
マダム・モリブル 八重沢真美
フィエロ 李 涛
ボック 金田暢彦
ディラモンド教授 前田貞一郎
オズの魔法使い 飯野おさみ
<アンサンブル>
内海雅智 賀山祐介 坂本剛 嶋崎孔明 田井啓
須永友裕 成田蔵人 田中宣宗 熊剣
今井美範 柴田桃子 孫田智恵 遠藤珠生 長島祥
真家瑠美子 間尾茜 花田菜美子 五所真理子
<コンダクター>
西野淳

中学校の修学旅行生と一緒になりました。
うるさくしないかな…と心配になりましたが、全く大丈夫でした。
終演後、目を真っ赤にして

てのを見て、

引率の先生気取りで肩を抱きたかった。

その中学生も言っていたように、今日は本当に良かったです。
前回よりも数段、良かったと私は思いました。
前回は1幕のエルファバのキャピっぷりが濃かったのですが、それが少し押さえられていて濱田さんの演技がスマートになってた気がします。
個人的には今回の演技の方が好きです。

どうせならと以前、ウィキッドの原作を読みました。
原作は内容も雰囲気もミュージカルのウィキッドとは全く違います。
もっと重いというか暗いというか、とにかくエルファバを陰陽で表現するなら陰です。
濱田さんのエルファバはそのイメージにより近いのです。

んでもって、何が凄いってこの日の濱田さんの歌が凄い!
声の出方が前と全然違いました。
3段階くらいで鳥肌が立ちます。

前回気になったディラモンド先生とのやりとりも自然でした。
ディラモンド先生の演技が少し変わった気がしました。

どうしても八重沢さんモリブル先生は、私の中でマンマミーアのイメージが抜けなくて、怖いマダムモリブルというよりも、”綺麗な人”という感じだったのですが、この日のモリブル先生は言い回しも違ってましたし、細かい演技も増えてました。
誤解し暴走する民衆をグリンダが止めなくちゃと言ってる時のモリブル先生は、自分のネイルを気にしたりと、八重沢さんならではのモリブル先生で凄く良かったです。
なんとなく皆さんの演技がギュッとなった感じで、
ええ?仕上げってこと? 何?何? もうすぐ大幅キャスト変更あるの?
という、ステキになればなったで、キャスト変更が事前にわからない四季システムに色々思いをめぐらせてしまい不安になるこの感じ。

フィエロとエルファバのあのシーンは、前回よりおさえぎみな気がしました。
やっぱり中学生が居るから????
ラストシーンは会場全体から鼻をすする音が聞こえました。
「できーー…ないー… 私には…」
のところ、もう…口から何出してるの。
きっと、濱田さんの口からは心と体に異変を来たす何かが出てるに違いない。
という、それくらい濱田さんのそれは何回聞いても、見ても、そこら辺から

て、なる。

もちろんカーテンコールは

です。
何だろう?
私は李さんが泣き顔になってるように見えたんだけれども、気のせいでしょうか。
おしっこがまんしてただけかな。
少し離れてたので確認は不可能だったのだけれども、まぶたと鼻の頭が赤くなっていて、泣いてる風に見えました。
そして思ってしまうのです。
え?何?
キャストから抜けるの?
キャスト変更が事前にわからない四季システムに色々思いをめぐらせてしまい不安になるこの感じ

でも、やっぱりやせなくちゃ。
腕をあげて「良かったよ!」を表現すべく拍手をしてたら、
洋服の後ろ身ごろが、きつい。


無理して

となってしまっては、あまりにも恥ずかしいので

と持ち上げて

に拍手してたのは内緒です。

error: Content is protected !!