BOOWYじゃないドリーミング!

10/10~11/23 ドリーミング(劇団四季)が上演されるみたいです。
”青い鳥”のお話と言えばわかりやすいでしょうか。

この告知を見て私はハッと思いました。
数年前、青い鳥のミュージカル舞台をテレビで見た記憶があるけど、それってこれ?
何気なく見ていたつもりなのに、最終的には食い入るように見ていたのはこれ?
とにかく感動したおぼえがあるので、チケット予約決定です。
確かこのテレビ放送を見た感想を、書いたはずだと探しました。

手元にあるデータを引っ張り出して来て確認。(2006年3月以前の記事)
そこに書かれている内容は、印象深かったあのシーン。

(少しネタバレなのでご注意下さい)

チルチルとミチルが、青い鳥を探す旅の途中でたどり着く「未来の国」。
そこには、幾人もの子供達が居ます。
生まれる順番を待っているのです。

その中に、ずーーーーっと離れない2人が居ます。

恋人同士なんだそう。
そのうちの1人の生まれる順番が訪れました。
順番なので行かなくてはいけません。
そして恋人たちは言います。
「しるしを頂戴、あなたが私を探しやすいように。」
「世界で一番不幸になってるわ。」

過去の私は提案していました。

不幸と感じる度合いは人それぞれなんだから、もっとわかりやすい目印をと。

例えば、

というふざけた感想はさておき、とにかくこの「未来の国」の場面がとても印象深くて、
ずっとまた見たいと思っていました。
それがようやく叶いそうです。

私は例えそれが非科学的であったとしても、
そういう世界ってあるんじゃないかって思っています。

そういう世界とはまた別な世界ですが、よく地球外生物は、他の星では水と酸素がないから生存確率は低いというニュースを見ても、なぜ我々の定義で考えるんだろう?って思ってしまうのです。
んなもん、他の要素で生きられる生物だっているかもよ?
我々の科学力が、まだ追いついていないだけかもよ?とか考えてしまうのです。
そんな感じで、非科学的な世界があってもいいなーという願望から、前世とかあったらウワー!だなー!って思っています。

そういう世界が本当にあったとしたら、自分は何の為に生まれたんだろう?
って考えるとワクワクします。
(何かしらの勧誘を必要としているわけではございません)
少なくとも、裸のオッサンを描くために生まれたんじゃない。
これだけはわかります。

もっと突っ込んで考えるなら、この世のみんなが誰かの生まれ変わりでずーーっとさかのぼって記憶があったとしたら、今色々解明しようとしている地球上の謎もアッサリ解明するかもしれませんよね。

例えば

error: Content is protected !!