アイーダ 10/4(日)

見てきましたです。
内容を簡単に説明いたしますと…
—————————————————————–
ファラオ支配時のエジプトが舞台。
ヌビア(エチオピア)侵略でウッヒョー!なラダメス将軍は、帰国途中で捕虜にしたヌビア人女性に反乱を起こされて、危うく「ラダメスこまっちゃう♪」になりそうでしたが事なきを得る。この反乱を起こした勇ましい女性こそが身分を隠したヌビア国王女アイーダなのです。
一国の王女とは知らずに、ラダメスはアイーダを婚約者のアムネリス王女に侍女として献上します。アイーダはすぐに王女に気に入られるわけですが、物語は「ちょっと話聞くわ。飲みに行こか。」と言いたくなる展開になっていきます。
—————————————————————–

【キャスト】
アイーダ 濱田めぐみ
アムネリス 五東由衣
ラダメス 渡辺正
メレブ 中嶋徹
ゾーザー 飯野 おさみ
アモナスロ 川原洋一郎
ファラオ 前田貞一郎
ネヘブカ 松本昌子
<アンサンブル>
品川芳晃 田井啓 中村巌 川東優希 海老沼良和
大森瑞樹 森健太郎 河野駿介 大石眞由 加藤久美子
須田綾乃 長島祥 小笠真紀 大村奈央 小島光葉

濱田さん演じるアイーダは想像以上に良かったです。
大阪アイーダより全然パワーアップしてました。
私は風邪引いたかと思うくらいゾワゾワしてました。

ヌビアの人々とアイーダが歌いあげるところ、ゴスペル聞いてるみたいで大好きです。
例の如く仲間に入りたくなります。
ネヘブカ役の松本さんの歌声もステキで、感動が更にパワーアップでした。
飯野さんもオズ陛下から一転、黒い欲望を抱くゾーザにガラリと変化。
大阪で見たときは嫌な奴に見えましたが、今回は怖さを感じました。
アンサンブルのダンスもすごーくかっこよかったです。
ただ、今回は…

ぐっと舞台の世界に引き込まれそうかと思えば、
ある一定の法則で

現実に引き戻されては

と考え事をしてしまい、最終的には

と日用品調達まで考えてしまうのは、
個人的な役者さんの好みだけの問題なのでしょうか。
ところで、

彼はパンフでは何故か3番目に位置していましたが、
そのうち登場するのでしょうか。
ついこの前まで別の演目で日本兵の役をされていたが為に、
現在のヘアスタイルはエジプト兵とは程遠い丸坊主だそうですが
手前どもは一向にかまいません。


何だったら

良くないか。 いや いいです。

だからお願いマスターあたしに阿久津を頂戴。

error: Content is protected !!