コーラスライン 11/3(火)

しかし、自由劇場は落ち着きます。
小さくて2階の後ろでも見易くて大好きです。
そしてお客さんの年齢層が高くてセカセカしてない感じが良いです。
いよいよスズオ熱望のコーラスラインです!
あまりにも有名な作品で皆様ご存知だと思いますが、
場面展開など大きな動きはほぼないに等しいミュージカルです。

【キャスト】
ザック 深水彰彦 / ラリー 影山徹 / ダン 松浦勇治 / マギー 和田侑子 / マイク 斎藤洋一郎
コニー 石倉康子 / グレッグ 道口瑞之 / キャシー 坂田加奈子 / シーラ 増本藍 / ボビー 横山清崇
ビビ 上條奈々 / ジュディ 恒川愛 / リチー 西尾健治 / アル 菊池正 / クリスティン 染谷早紀
ヴァル 石塚智子 / マーク 玉井晴章 / ポール 田邊真也 / ディアナ 熊本亜記 / フランク 笹岡征矢
ロイ 宮本聖也 / トム 林 晃平 / ブッチ 吉田龍之介 / ビッキー 橋本藍 / ロイス 濱村圭子
トリシア 勝田理沙

スズオが持っていたDVDを一緒に見た事があります。
内容はほぼ記憶にございません。
私の脳はファンシーなものしか記憶に留めておけないようです。
内容について記憶がなくとも、
個々の人生について語られる内容なので見ていれば理解できます。
場面が展開して、背景のセットが出てきて様々な衣装を身につけた人々が歌って踊るというものではないです。
多くはセリフで語られ、途中で歌とダンスが入ります。
ダンサーのオーディション風景という設定だから当然なのですが、
ものすごい露出でワオ!ですね。

お尻丸出し(パンストみたいなのは着けていると思いますが)
でもいやらしくないのは、引き締まった体ならではだと思います。
私も朝起きてあんな体になっていたら、とりあえず裸で出かけてみると思います。
そして、やはり無理でした。
ポールのくだり。

やっぱり駄目です。
老いた父や母の背中がどうのというのは全然駄目です。
というか、これ書いてるだけで号泣してます私。
泣きすぎて知恵熱出たら困るので、切り替えまして
これには前に見た『ユタと…』でペドロ役として出演されていた、
菊池さんが出ております。
びっくりしました。

と。
ミュージカル俳優は年を重ねても、ただのオッサンにはならないのですね。
菊池さんに超釘付けでした。
私は未だにペドロについて考えたりします。
大好きなのです。
素直で知恵があって優しくて…
どうやら私は
「君とは友だち いつでも君のそばにいるよ」
という居候キャラが好みかもしれません。
ケロロ軍曹と似ていると勝手に思っています。

話をコーラスラインに戻しますが、
あまりにも有名な、

素敵です。
彼らが出演しているステージはどんなステージなのでしょうか。
さぞかし、見事なショウかと。
スズオは、ここをお客さんの手拍子なしでじっくり見たいって言ってました。
確かにあのショーはじっくり堪能したいかもです。
そうすれば、隣の人の半拍ズレた手拍子も気にならないでしょうし。
修正したい衝動抑えるの必死でした。

error: Content is protected !!