人間になりたがった猫 DVD

実際に舞台は見た事はありませんが、DVDを予約し発売日を心待ちにしていました。

ミュージカルやコンサートDVDは、どうしても生の舞台と比べたら見劣りしてしまいますが、これまでに観劇した生ミュージカルとリンクさせて見ました。
お子ちゃまものと思いきや、いつだって号泣するハメになるファミリーミュージカル。
四季のファミリーミュージカルは、子供が楽しめる事はもちろんなのですが、大人が見ると妙に深い箇所があって、たまらなくいいです。
それに基本ハッピーエンドなので、幸せな気持ちで余韻を楽しめます。
ストーリーを簡単に説明致しますと…
——————————————————————-
人間の言葉を話す猫のライオネルはある日、魔法使いで人間嫌いなご主人に口ごたえをした罰として2日間、人間に変えられてしまいます。でもそれは、ずっと人間に憧れていたライオネルにとっては嬉しいハプニング。これはドM猫の物語…ではなく、町に出かけて人間の女の子ジリアンに会って恋をし、仲間の大切さを知る、愛と夢と感動の物語です。
——————————————————————-

【キャスト】
ステファヌス博士 松下武史
ライオネル 上川一哉
ジリアン 小川美緒
タドベリ 渋谷智也
トリバー 佐藤夏木
スワガード 牧野公昭
<アンサンブル>
和泉沢旭 佐藤晃仁 岩城雄太 柿澤勇人 高橋徹 小野功司 松尾篤 森田かおり 桑野東萌 上領幸子(劇団昴) 間しのぶ 岩沢英美 和田侑子 佐々木杏珠 松尾美恵子 中元美里 ソンインミ

DVDを買うまで、ずっと

だと思っていました。
まさか

とは。
そんなささやかな間違いが正せたこちら、
基本

クルクルまわったり飛び方がピョーンだったりです。
私はバレエをジーと見ているのが苦手ですが、これはストーリーと溶け込んで退屈することなく見れました。

そんな姿のライオネル君は、普通であれば

他人様から親切にしてもらえないであろう、こんな世の中じゃポイズンですが
この物語の中の人々は違います。
みんな彼の純粋さにすぐ惹かれてとても親切です。
唯一意地悪キャラのスワガード。
憎らしい役でも、愛すべきキャラな仕上がりです。
特に、

素敵過ぎました。
エエ声とオネエショーのようなダンス。
我々は異常に気に入り、見終わった後もここだけ繰り返し見ました。

と言葉を交わしたのは、

おっちゃんの歌いだしで始まるこの場面。
おっちゃんソロパートから、次第にそれを聞いていた

ジリアンとライオネルも一緒に歌い出し、
そのうち皆が集まってウワー!と盛り上がってくあの感じ。
やはり我々は、そういうのに弱いです。
ここは是非、生で見たいです!
ラストは、ドリフコントを何度も思い出しそうになりながらもきっちり感動し

キャンディキャンディでした。
若干、美女と野獣とかぶるなーと思いました。
「こうして幸せになりましたとさ」な美女と野獣も
そもそも民衆は野獣の存在も、お城の存在も最近知ったみたいな体だけど、
じゃあ野獣の財源は民衆から集めた税金ではなったのだろうか?
とか細かいことを考えてはいけないように
ライオネルは人間になったところで、もとは猫。
好き合ってジリアンと一緒になっても、

って事になるんだろうなー とか考えちゃだめです。
また近くで公演される事があったら絶対見に行きたいです。

error: Content is protected !!