夢から醒めた夢 4/9(土)マチネ

行ってまいりました。
久々のミュージカル鑑賞です。

【キャスト】
ピコ 岡村美南
マコ 苫田亜沙子
マコの母 早水小夜子
メソ 厂原時也
デビル 川原洋一郎
エンジェル 川島創
ヤクザ 野中万寿夫
暴走族 西尾健治
部長 菊池正
老人 高橋征郎
老婦人 丹靖子
夢の配達人 道口瑞之
<アンサンブル>
三宅克典 入江航平 鈴木伶央 須永友裕 星潤 前田員範 小野功司
大橋里砂 織田なつ美 海野愛理 森田真代 木許由梨 月丘みちる
井上万葉 内田莉紗 相馬杏奈 田村圭 橋本藍

【ストーリー】
元気いっぱいで好奇心旺盛な短パン少女ピコは、夢の配達人に導かれた夜の遊園地で、透き通ったような綺麗な幽霊マコと会います。マコは突然の事故で命を落としてしまい、そんな娘の死から立ち直れずにいる母を励ます為に、人間のピコと入れ替わります。マコの代わりに霊界へ行くピコ。そこに行ってからがもうね、たまらなくいいんです。

私は”霊界空港”のくだりがとても好きなのですが、この舞台を観てから実際にあんな場所があるといいなと思うようになりました。
ご覧になってない方に簡単に説明しますと、死んだ人々がこの世から旅立つ時に立ち寄る霊界空港。その霊界空港では美しい心の持ち主は光の国に行く事ができる白いパスポートがもらえます。
逆に黒いパスポートは地獄です。
その黒と白の中間のグレーというのもあって、しばらく霊界空港に留まり空港で頑張って働くことでパスポートを白色にしてもらえるシステムがあります。

劇中に出てくるグレーな部長の人生は…

ライバル蹴落とし、やっとたどりついた部長という役職。
高度成長期に家庭を顧ずに、がむしゃらに働いてきた30年。
ところが、突然バブルがはじけて、

気がつきゃ自分には何にも残らなくて、そしてある日突然の死。

これでグレーなら私も白いのもらえないし、むしろ黒よりのグレーでは。

いいんです。
スズオより先に空港に行くことになったら、”あのおじいちゃん”(劇中に出てくるええ話です)みたいに待つつもりです。

というわけで、小学生の方がも少しましな感想書くだろうに…な、観劇記はここからです。
興味ある方はどうぞです。

この演目は開演前にロビーパフォーマンスがあるので、少し早めに会場に到着しておきます。


↑前回撮った写真。

知らなかったんです。役者さんじゃなくてスタッフの人だってことを。

遠くに行ってしまった足長ピエロをぼんやり見ていて気が着いたのですが。

こんなに険しい顔をしてピエロを見ていたのは我々二人だけです。

ああ…!!最初に野中さんだと気がついていたら握手してもらったのにぃ!

と、思いつつ舞台に集中できるようにトイレに2回も行き着席。

前の席には大はしゃぎする子供がいて心配だったのですが、ものすごい良い子で相当な集中力らしく終始必死で見てました。
そのうなじの可愛い事。嗅いだろかと思うほどに。

開幕直前、坊やは見つけてしまったのです。

座席後方に…

間違いなくノーマルな性癖ではなさげなヤツに見つかってはいけないと、気配を消しているのか

で見ていたのがかわゆかったです。

でも、おばちゃん達は知ってるねんで。

あの人が、

皆に迷惑がかからないように

配達人のおじさんより年食ってそうなこのおばさんは、いつかあのおじさんの近くに座りたい。
その時は微動だにせず匂いを嗅ごう。

道口さんの歌でテンションが上がってきたところで、

が登場。
ピコ役の岡村さんって、エルファバにキャスティングされていた方ですよね?
エルファバで観た事はないですが、さすがエルファバ♪と、上がるテンションは、遊園地の浮かれた大合唱で最高潮に。

随分前から予約していたチケットとはいえ、正直なところ、あんな大きな災害があって観劇にはいまいち気がのりませんでした。
でも、スズオがとても好きな演目だし私も行けば気持ちに変化があるかもと思って行きました。

結果行って良かったです。

作品が素敵で感動したというのもあるのですが、めいっぱい演じている方々を見ていると、自分は普通の暮らしが出来ているのにこんなに落ち込んだままじゃいかん!と思いました。

早水さんが歌うと、

ってくらいゾワゾワきました。

観たいです。早水さんのエルファバ。

めっちゃシズ大学が難関大学で、浪人しちゃったエルファバって事にして何とかなりませんか。

霊界空港のくだり大好きです。

ヤクザの野中さんにどうしても目がいきます。
ヤクザだけどものすご一生懸命踊ってるところにときめく。

川島さんエンジェルも良かったです。

そう思います。本当に。

この口か!この口が悪いんか!

そして私が夢醒めで一番泣いてしまう箇所は老夫婦の再会のくだり

ムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリムリ

はやくも嗚咽になりそうなのをこらえて、窒息しそうです。

結婚生活浅いからそんなスイートな事言えるのよーなんつて言われる事多しですが、自分が先立ったらあっちでスズオが来るのを待ってよっと!と以前から思っていてそんな妄想通りの世界がそこにはあって、あの何とも言えないほんわかしたやり取りが、いいようのない気持ちにさせてくれます。
このシーンを語りながら朝まで飲めるし、泣ける。

すっかり休憩中に見るようになったキャスト表。

ようやくここで気づきました。
横分けスーツだと、愛しのオムツな彼とは気づきませんでした。
でもなるほど、歌いだすとなるほどペドロですね。

前回はヤンキー君の音程がフラフラしていたけど、今回は安心して見れて良かったです。

あのジャパニーズソウルな演歌にはニヤニヤしてしまいます。

そんな3人ですからコーラスが気持ちよすぎます。

ここ、ピコ見ずに3人ばかり見てしまいました。

遠くから見ると水道橋博士に見えて仕方なかったけれども

最後、2人の世界リプライズのところ、マコにつられた?のかちょこっとピコちゃんの音がフラフラしてました。

だがしかし!

ソロになった途端

修復完了?

これからもっと場数を踏むと、かなり素敵な事になりそうで、おばちゃん楽しみです。

夢醒めが終わったらユタが上演されるらしいので、オムツの調べを聴きに行こうと思います。

error: Content is protected !!