ミュージカル・ジキル&ハイド 3/17(土)マチネ

簡単なあらすじ

人間の持つ善と悪を分ける薬を開発した医師・ジキルは最高理事会で、薬の人体実験許可を得ようとするものの「チミあほやろ、そんなのあかんに決まってるやろ」と反対されまくる。
その後ジキルは、娼婦ルーシーと会う。
愛する婚約者のエマへの思いやりか、ただひたすら淡白なだけなのか、ジキルは娼婦とチョメるわけもなく話すだけに終わるのですが、その会話の中で”あの薬を自分が試せばいい”という事を思いつきます。
そして試すジキル。

まんまと”悪”になってしまう。
エドワード・ハイドの誕生です。
まあ、このハイドの悪い事、悪い事。
そこから、色々あるわけです。
さあ!どうなるジキル!どうなるハイド!そして、彼を愛した2人の女性の運命や如何に!

これで四季以外のミュージカルを観るのは3回目です。
これまでの2回とも終演後、

っていう感じで、特に高揚感が持てないのに、四季よりお値段高めな感じが腑に落ちず、観るか観ないかで迷いましたが、石丸さんの舞台を一度観てみたかったし、それに出演される方々も、TVショウの役者さんが主だった役をしているわけではなさそうなので観る事にしました。
TV役者さんがどうこうではないです。TVドラマとして観ている分にはものすご感動したりするものの、生歌・生演技となると伝わり方がまた違って、その受取側の好みとして私には合わないってだけです。

帝国劇場、青山劇場を経て今回の日生劇場ですが、今まで観た劇場の中で一番好きです。
劇場が小さめだからなのか、音の調整が自分の好みと合致しているかなのか、音も伴奏にかきけされるわけでもなく、すごく綺麗に聞こえました。

そして、率直な感想としては、石丸ショウでした。
歌もセリフも聞こえ易くて、

って思いながら観てました。

ジキルは私が持つ石丸さんのイメージにぴったりで、すごく素敵。

一方ハイドは、同じく石丸さんが演じるものの、声色も仕草も全く違います。


見事な演じ分けで見応えありました。

ハイドは荒れ狂うビースト、ジキルは恋をし優しさに目覚めたビーストってかんじで、今となっては観ることは叶わぬ石丸ビーストを想像してました。
ただそう思いながら観るという事は、私がお話に入りこめてないって事です。
エマ役の笹本さんは綺麗だし、濱田さんの歌も上手なのに。

わたくしが大好きな濱田さんは娼婦役。

って何目線かわからないけど、そう思いました。
歌はさすがです。
かっこいいです。
ルーシーという娼婦役ですが現状に呑まれてしまう事なく、いつか普通の幸せをどこかとで願ってる役柄でしょうか?

と思う。
役柄を考慮してのそれだったら凄い演技力ですが、まじめでストイックでいつも心にリーダーシップをもっている女性がキッチリ踊りましたみたいに観えたです。

そして、石丸さんの悪者ハイドもまた同じで、剥き出しの欲望を自分が狙いを定めた女性ルーシーにぶつける場面。

どうしても、まじめが二人に見える我等。
ここでハイドが、股間を押さえてルーシーを挑発する仕草をするのですが、

セクシーというより

に観えてしまうかわいそうな私の脳。
でも、今まで観た四季以外3演目の中でこれが一番良かったです!
何回も観たいって感じじゃないけど…観れて良かったです。

error: Content is protected !!