アイーダ 7/21(土)マチネ

久しぶりの劇団四季です。

アイーダ観てきました。

【キャスト】
アイーダ 朴慶弥
アムネリス 光川愛
ラダメス 阿久津陽一郎
メレブ 吉賀陶馬ワイス
ゾーザー 飯野おさみ
アモナスロ 高林幸兵
ファラオ 石原義文
ネヘブカ 桜野あら

<アンサンブル>
脇坂真人
黒川輝
朱涛
田井啓
水原俊
中村巌
桧山憲
ハンドコアクアリオ
加藤久美子
須田綾乃
恒川愛
井上佳奈
小島光葉
柴田厚子
駅田郁美

稽古動画観た時から気になっていた、朴アイーダ観たさです。
千秋楽前のキャスト変更にビビりながらも、何とか間に合い観れましたです。

観た事ある方ならお分かりかと思いますが、オープニングの博物館にて

ぷぁーぷぁぷぁぷぁ~♪の後、

のくだりで、スズオは早くも泣いてました。
久しぶり過ぎてスタートダッシュが早すぎる。

久しぶりの光川さんは、以前観た時よりはるかに声がのびて気持ちよかったです。

阿久津さんもカクカクしたセリフでは一切なく、自然な話し口調で後に書きますが私はニヤニヤしてました。

そして、朴アイーダ。

ここのセリフ濱田さんの声に超似てました。
これは完全好みなので良し悪しはわかりません。
ただ私は、濱田さんの様な少し低めの歌声が好みなので、この一発でもの凄く期待が高まりました。

セリフの訛りは全く気になりませんでした。
ただ、アイーダという役をまずは丁寧にこなしているという感じで、演技にグイグイ惹きつけられるという所まではもう少しという感じでした。
でも、それはきっと時間と経験が解決してくれそうとも思いました。

ここも1つ1つ置きにいく感じで、とても丁寧でした。

お転婆箱入り娘が、一触即発でキレるわけですから、

くらいキレてもいい感じですが、

今確認の為にCD聞いたら、思いの外丁寧な歌い方でした。
私が、歌い方を変化させてるのを見慣れ過ぎてただけでしょうか。

てことは…

ていうか朴さん。
話す声が美人。

こーゆー美人設定の吹き替えにピッタリと違いますか。
デズニーさんご検討下さい。

ゾーザとオズ陛下しか観た事ないけど、いつ観てもダレてるとか、やたら張り切ってるとかなく、ただそこにゾーザが居るって感じで大好き。
歌も聞いていて気持ち良くて、今回は

って叫びたくなるの頑張っておさえました。
大人だから。

あと、今回ふと思ったのですが。

ゾーザの手下が持ってきたヒ素。

という指示をしたというのに。

入れ過ぎた?

ってあの後おこられたのかな。

殺されたかな。

そして、最初に阿久津さんの話し口調にニヤニヤしたと書きましたが、

ここ!!

ここの阿久津さんがアイーダに語りかけるセリフまわしが超自然で、

て思ってニヤニヤしました。
もう絶対ラダメス君には、卒業式に桟橋で告白してもらわないと。

「待て」前にある、ときめきフラグ(だからときメモちゃうて)

ひたすら丁寧だった朴さんのセリフも、阿久津さんの流れに合わせて自然なリズムになって、アイーダとラダメスのときめきメモリアルでした。

アイーダ観に行って、ローブのダンスは楽しみのうちの一つなのですが、アンサンブルの皆さんかっこ良かった。
あれは、人々の心情を体現したものだろうけど実際に自分の周りを
グルグルまわられて名前連呼されたら、そりゃ、
いやあああああああああああ
言うわ。

やべ。カッコイ。
そう思い私は

としました。

これで『神が愛するヌビア』が楽しみになるのです。

『どうしたらいい』

ここものすごい綺麗で心地良かったです。
朴さんの歌声は一部濱田さんに似ていると思う箇所があるのですが、高い音とか低い音は全然違います。
高い音は裏声(?)っぽい声で、それが綺麗に混ざり合って美しかったです。

因みに低い声は、時々

が私の脳裏に登場したことは内緒です。

あと、だんだん上がっていく音はいいけど、スコーン!とあがる高音にパワーがなかったと素人ながらに思いました。
でも、きっと場数踏んで色々仕上がっていけば、きっと凄いカッコイイ高音に仕上がるかもと楽しみにしてます。
仕上がった頃に帰国したりしないだろうか…

とトイレで考え事をしました。

そうそう、ちょっと気になったのが、チョメった後にラダメスがアイーダに

って言う所あるじゃないですか。
あの時、ラダメスがその前に「待って」って言うので、アイーダにはそれなりに動いていて欲しいのですが

ぼーとしてました。

あれですかね。余韻、楽しんでるんですかね。
あらやだ。大人の勘ぐり。

やっぱり好き。

まだ、

ここが、凛々しいってよりも初々しいって感じでしたが、それもいつかきっと。

やっぱり阿久津さんと絡んでる所は、アイーダとラダメスとしてひき込まれて、ラストは久しぶりに泣いてしまいました。

でもいつの間にか、

あんな状況下におかれても、たぶんスズオは優しくしてくれるんだろうな。

と、全然違うパラレルで泣いてました。

って、お前達いつから将軍と王女やねん。

スタオペになるかなー♪張り切って立ちたいなあ♪と思ってたけど、団体様仕様であっさりとしたカーテンコールでした。

そして空いていたはずの後ろの席に

わざわざ振り返ることはしなかったけど、見なくてもわかります。

なぜ、このおじさんはここに移動したのだろう?

と、思っていましたが、

後からスズオに聞くと、そのおじさんは

error: Content is protected !!